椎名へきるマンスリーアコースティックライブ12月

By | 2015/12/07

夏真っ盛りの8月からはじまったへきるアコーステックライブ、急遽決定した 12月の回でついに最終回。

いつも晴れ豆は、代官山駅を使わず恵比寿駅からテクテク15分くらいかけて歩い ていきます。その15分でもTシャツが汗で絞ることができていたなぁと思いつつポケットに 手を突っ込みながら会場へ向かいました。

つい先週は、Unitで、スティーブアルヴィニ率いるバンドであるshellacを見に行き 今年はなにかと代官山に足を運ぶことが多かった年でした。 今年のカウントダウンは晴れ豆になりましたが、ここを大楽Pパワーで取ってくれたらよかった のにと。

今回は昼のみ参加、50番台の椅子に座れてゆっくり鑑賞できるパターン。会場に入ったとたん 肉を煮込む匂いが漂ってることに気づき、ふとカウンターをみてみると

  • 大楽牛丼 500円 **

カレーに引き続き、牛丼きたよ!カウントダウンは何が来るよ!この人ホント器用だなぁ。

牛丼は好評だったらしく、用意していた40食が完売。公演中に継ぎ足しで作っており、公演中終始後方から 漂ってくる牛丼スメル。ライブ会場という非日常感なステージを若干日常に戻してくれたアットホームな 空間になっていた(笑)

IMG_20151206_122449

IMG_20151206_114725 *

セットリスト

今回は、アルバムが一通り一巡したので、アコステベストライブ的な感じかなぁと意気込んで あんな曲こんな曲やったらなぁと一週間前から脳内セトリを組んでいたのですが、今回は後半のアルバム を中心に、冬にちなんだ選曲で。

へきるさんの衣装はすこし早いクリスマスということでサンタ衣装。とてもお似合いなとても40ゲフンゲフン 歳には見えない。へきるさんの気品とがこの衣装を似合わせてるのです!

そしてしょっぱな1stからの2曲にやられました。泣きそうになった!ガールフレンドとは。 ガールフレンドは1stライブのカラオケで巡業していたときに歌ったキリらしくとても貴重な歌を聞けました。 当時のCDと聴き比べると当時の良さもあるのですが、今はほんと力強い・迷いがない歌い方。

No. Song Disc Title
#1 ガールフレンド 1st Shiena
#2 月とライ麦 1st Shiena
#3 Wonderful Days 16th Ermitage
#4 ラブラブでいこう 3rd No Make Girl
#5 Love Graduation 8th PRECIOUS GARDEN
#6 粉雪 14th Rock Rose
#7 星空のシャワー 16th Ermitage
#8 1番星~君がいない夜に~ 16th Ermitage
#9 幻想の雪 12th Clear Sky
#10 セ・ツ・ナ 16th Ermitage
#11 いざ!You Can 16th Ermitage
#12 KIRA☆KIRA☆Party Girl 15th for uo
#13 レスキューミー! 15th for you
#14 恋のリズム 15th for you
#15 ラヴ・ジェット・コースター 12th Clear Sky
#16 電撃ジャップ 11th Wings of Time

ご機嫌へきる

今回特に印象に残った2つのこと。へきるさんいつもにましてごきげんでした。

  • いつもは、へきるさんボケが多いMCですが、今回は斎藤くん、ケンボーのワルガキ2人を窘めたいたこと。中二秒ならぬ小2病(笑)になりつつある2人をニコニコしながら、「川村、部活やめるか?」のへきるさんゾクゾクきました。結構今回グイグイへきるさんMC引っ張っていて、体調もノリもいままでのアコースティックで1,2位を争う絶好調さだったと思ったのですよね。

  • そして、後半のMCでへきるさんがアコースティックライブで**個人的に***に良かったことを発表したこと。へきるさんは腱鞘炎だったらしく、週3で医者に通わなくいけないほど、ペットボトルの蓋や瓶の蓋が開けられないほどだったのですが、アコースティックライブでタンバリンを振っていたらあっさり治ったそうです(笑) そういう自分のネガティブな告白?をへきるさんってしないし、ファンを気遣う発言が多い中、自分のよかった事を素直にファンに報告するのが新鮮な感じを受けました。へきるさんも(より)ファンに心を開いてくれたんだなと。

妖精のお姉さん

ありがたいことに、ここ数年のへきるライブでいつも一緒に行ってくれる気の合うお友達がいるのですが、 (いつもありがとうございます!)ブログでへきるさんを妖精のお姉さんと例えてらっしゃっていたんですよね

妖精の”お姉さん”。そう、お姉さんなのです、悪ガキをたしなめるお姉さんであり、時には粉雪のときの”妖”艶な 表情をしたり、KIRA☆KIRA☆Pで無邪気な表情を見せたり

今回はほんと妖精のお姉さんに癒やされたライブでした。

Share Button